道路族が国を滅ぼす

しかし「道路族」っていったい何なのでしょう。
今後10年間の「使い切り68兆円」とはね。
現実にこれだけの借金を国が抱えているのに、
それとは関係なく道路をつくりつづけてどうするのでしょうか。

経済財政諮問会議の民間議員から異論も出たそうですが、
古賀誠さんあたりは「それも意見ですから」と一蹴しました。
冬柴国土交通相は「足りないぐらい」とのたまいます。

しかも道路特定財源を使って高速料金値下げなどと、
またずいぶん姑息なやり方で人気取りをしようとしたものです。
本来、道路公団を分割民営化して、
そこで節約された費用が値下げの原資だったはず。

どうしても「一般財源化」という実績をつくりたくない、
それが道路族の一致した姿勢ということでしょう。
この10年計画を閣議決定するようだったら、
福田内閣の命運も尽きたというべきです。

自衛隊の装備品調達といい、道路予算といい、
国のお金は「利権」につながります。
個人の懐と関係のない国のお金を使うことで
利権のうまみを味わえるのなら、
こんなにいいことはありません。

いつまでも公共事業に頼っていては
地方に産業が育ちません。
もういい加減、人の財布を当てにするのは止めて、
自分たちで地方の経済を支えたらどうでしょう。
実はそれが最大の地方分権ではないかと思います。

カネ食って 道路ができて 国滅ぶ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142250/17200263

コメント

コメントを書く

ページトップへ