民主党の覚悟

なんとか還元水で有名な松岡利勝農水相。不透明な経費について相変わらず「法律に 則って適正に処理している」としか言わない。安倍晋三首相も「適正に処理している のだから適正だ」という意味のことしか言わない。それどころか、攻撃こそ最大の防 御というつもりなのか、小沢一郎民主党代表の不動産取得問題で逆襲をかける始末。 開き直りというか、およそ国の指導者としての品格が感じられない対応には少々うん ざりだ。

一方、攻める民主党にも迫力はない。政治資金規正法の改正といっても、網をかける 団体をどれにするのか、経常費の領収書を5万円以上にするのか、1万円以上にするの かといった程度の話に終始している。いっそ、民主党議員はすべての議員がすべての 政治資金の流れを領収書付きで明らかにすると宣言したらどうなのだろう。当然他の 野党にも呼びかけて、それを「踏み絵」にするのである。そうしたら国民は拍手喝采 するはずだ。もちろん民主党議員の中には、すべての領収書を保管していない議員も いるだろうし、わけのわからない経費を計上している議員もいると思う。そうした議 員はすべてを明らかにした上で、辞職すればいい。次回選挙ではそのうちの多くの元 議員が復活するはずだ。

年金問題は、国民の関心が高い問題であるだけに、攻めやすいとは思うが、すでにダ メ役所と烙印を押された社会保険庁だけに、いまさら攻め立ててもそれほど大きな得 点になるとは思えない。もちろん5000万人の宙に浮いた支払データという問題は、お 役所が国民の掛け金を預かっているという感覚を著しく欠いている証拠の一つだから、 政治の責任において追跡調査をきちんとするようにしてもらいたいと思う。それでも この問題で自民党との差を際だたせることはできないのではないかと思う。いざとな れば自民党も同調することができるからである。

それに比べると、政治資金の問題は、自民党がようやく公明党の要求に応じて法案化 するといういわば「腰砕け」の政治資金規正法案。だからこそ民主党が自分も傷を負 う覚悟なら、自民党との差異を強調することは可能だと思う。「肉を切らせて骨を切 る」戦法である。

そのためには民主党内部がまとまっていなければならない。政治資金の問題をあまり 強く主張すると、自分が藪蛇になってしまうと思うような議員がたくさんいたら民主 党も腰が引けてしまうだろう。しかしそこを乗り越えて「浄化」をしなければ、国民 の政治不信はいよいよ高まってしまう。そしてそれが高じるとまた「政治的無関心」 に陥ってしまう。

民主党がどこまで腹を固められるか、それが参院選の勝敗を大きく左右すると思う。 小泉純一郎首相の時代には、国民から見れば政治が少し透明になった。郵政民営化な どでも、首相の決断がわかりやすかったこと、その決断が既成の利権構造を壊すもの であったことが主な理由である。その透明度は、しかし、安倍首相になってからは徐々 に落ちてきた。つまり物事の決まり方が自民党内の政治力学に基づいているように見 えることが増えたからだ。

だからこそ民主党にとっては、透明な政治のイニシアティブを自民党から取り戻すチャ ンスなのである。思い出してみるがいい。一昨年、小泉首相が「郵政総選挙」と実施 したとき、民主党は労組を背景としていたから、「守旧派」の座に追いやられてしまっ た。だから選挙で惨敗したのである。岡田代表はこの責任を取って代表から降りた。 あの時、岡田代表に民主党が抵抗勢力とされてしまったという危機感はなかったよう に見えた。そこが読み誤りだったわけだ。

今回はその借りを返す絶好のチャンス。自分たちも怪我をすると思うが、実行すれば 民主党の支持率は急上昇するだろう。膨大な公的債務を減らすには、やがては国民に 負担を求めなければならない。それならばまず政治家が襟といっしょに懐も正すこと から始めなければならない。民主党がそれを主導できるかどうかで二大政党の道が開 けるかどうかが決まる。

(Copyrights 2007 Masayoshi Fujita 無断転訳載を禁じます)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142250/15287780

コメント

コメントを書く

ページトップへ