集票法律

参議院選挙向けの話がいろいろ出ています。
「政治資金団体の支出は5万円以上領収書添付」とか
「ふるさと納税」だとか・・・。

なぜ5万円以上なのかがよくわかりません。
そうなったら5万円以下の支出にするだけでしょう。
基本的に経常経費なのですから
すべての領収書を添付すればいい話です。

会社や個人事業主はそうしています。
どうして金額で区切ろうとするのか、
どうしてそれをなんとなく認めるのかがわかりません。

人気取りでも何でもいいから、
どこかの政党が全部明らかにしますと言えばいいのに、
とついつい思ってしまいます。

「ふるさと納税」はおかしな話です。
この点では珍しく石原都知事に賛成です。
住民税は地方自治体のサービスのために支払われるものですから、
それを「ふるさと」に回すのは筋の通らない話です。

「ふるさと」の税収格差の問題ならば
それは別に考えなければなりません。
国が再配分するのではない方式を考えないと
地方自治の観点からおかしな話しになります。

うかうか政治家の口車に乗らないようにしたいものです。
気をつけないと「空手形」ばかりつかまされます。

(Copyrights 2007 Masayoshi Fujita 無断転訳載を禁じます)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142250/15287572

コメント

コメントを書く

ページトップへ