アナクロ厚生労働省

医師や看護師が足りないという
「現実」がやっと定着してきたようです。

“アナクロ厚生労働省”の続きを読む

民主党の覚悟

なんとか還元水で有名な松岡利勝農水相。不透明な経費について相変わらず「法律に 則って適正に処理している」としか言わない。安倍晋三首相も「適正に処理している のだから適正だ」という意味のことしか言わない。それどころか、攻撃こそ最大の防 御というつもりなのか、小沢一郎民主党代表の不動産取得問題で逆襲をかける始末。 開き直りというか、およそ国の指導者としての品格が感じられない対応には少々うん ざりだ。

“民主党の覚悟”の続きを読む

バイオエタノールのエコ度

何だか急にバイオエタノールがブームになっています。
アメリカではトウモロコシの作付け面積が増え、
またエタノールの加工する工場も新設されているといいます。

“バイオエタノールのエコ度”の続きを読む

国民主権の意味を問う

国民投票法案が5月14日に参議院を通過し、成立した。これで安倍晋三首相の祖父に あたる岸信介元首相の「悲願」でもあった憲法改正、というよりも「自主憲法制定」 への道が開かれたことになる。もっとも開かれたのは「安倍改憲」への道だけではな い。国会での議席次第では、別の立場からの改憲もありうるというごく当たり前の可 能性も忘れてはなるまい。

“国民主権の意味を問う”の続きを読む

社会のリスク

高校生3年生の男子が母親を殺すというショッキングな事件が起こりました。
しかも首や腕を切断していました。

“社会のリスク”の続きを読む

フランスの賭け

5月6日に行われたフランス大統領選挙決選投票。投票率84%という数字に表れた高い 関心の中、保守系・国民運動連合のニコラ・サルコジ党首が社会党のセゴレーヌ・ロ ワイヤル元環境相を破って当選した。サルコジ氏の得票率は53%、ロワイヤル氏が47% と、事前のサルコジ優勢という予想通りの結果となった。

“フランスの賭け”の続きを読む

集票法律

参議院選挙向けの話がいろいろ出ています。
「政治資金団体の支出は5万円以上領収書添付」とか
「ふるさと納税」だとか・・・。

“集票法律”の続きを読む

「核のゴミ」出口なし

先日の統一地方選で、注目されていた自治体の一つは高知県東洋町だった。今年初め、 田嶋裕起町長(当時)が、高レベル放射性廃棄物最終処分場候補地」として原子力発 電環境整備機構に応募した。これを知った橋本大二郎県知事や周辺市町村、そして東 洋町民からも反対の声が上がった。このため田嶋町長は辞任し、「住民の意思を問う」 として改めて立候補していた。前町長の信認投票という形になったのだが、結果は、 反対派が擁立した沢山保太郎氏が圧勝した。投票率は89%を超え、沢山氏の70%の票 を獲得した。そして、新町長は原子力発電環境整備機構への応募を取り下げた。

“「核のゴミ」出口なし”の続きを読む

還暦憲法

日本国憲法が施行されてちょうど60年になりました。
支持率が回復したこともあり、
安倍首相はいよいよ「改憲」に向けて突っ走る構えです。

“還暦憲法”の続きを読む

ページトップへ