銃と民主主義

銃による衝撃的な犯罪が続いている。アメリカではバージニア工科大学で韓国人の学 生が32人もの学生を射殺した。またNASA(連邦航空宇宙局)でも上司を人質にとった 上で射殺した。いずれの場合も犯人は自殺している。一方、日本では暴力団員が選挙 運動中の伊藤一長・長崎市長を射殺した。また東京町田ではやはり暴力団員がパトカー などに発砲した上で自宅に立てこもり、自殺を図った。

“銃と民主主義”の続きを読む

政治家のおかしな論理

政治家の論理というのは、まったく理解しがたいことがあります。 たとえば政治とカネをめぐる経常経費の領収書添付問題。 あの松岡農水相の「なんとか還元水」にまつわる話です。

“政治家のおかしな論理”の続きを読む

二つの最高裁判決

最近、ちょっと興味を引く最高裁の判決が出た。両方とも大企業が敗れて消費者側が 勝った裁判である。ひとつは語学学校NOVAの中途解約時の返済金をめぐる裁判。もう ひとつはあいおい損保の車の盗難保険金支払い拒否をめぐる裁判である。最高裁が消 費者の味方になったのか、それとも両方とも今評判の悪い会社や業界だから、ちょっ とお灸をすえたということなのかはよくわからない。ただ諸手を挙げて喜べないとこ ろもある。

“二つの最高裁判決”の続きを読む

市長銃撃事件

統一地方選の後半戦に入って、 仰天するようなニュースが飛び込んできました。 長崎の伊藤一長市長が狙撃されたのです。 犯人は暴力団幹部、市とのいざこざで恨みをもっていたといいます。

“市長銃撃事件”の続きを読む

縮む日本

車が売れないということは知っていても、2006年度の新車登録台数(軽自動車を除く) が前年度比8.3%減の359万台と聞くと、改めてびっくりする。前年度比マイナス成長 になるのはこれで4年連続。1990年度が過去のピークだそうだが、その年には何と590 万台も売れた。ざっと40%近く減っている計算だ。トヨタ自動車が世界一になるとか いうニュースに浮かれている間に、足元がどんどん崩れているようだ。

“縮む日本”の続きを読む

君子は選挙中だけ?

統一地方選の前半戦が終わりました。
注目の東京都知事選は石原慎太郎現知事の圧勝でした。
前回の309万票より下回っているとはいえ、
対立候補の浅野前宮城県知事に100万票以上の差をつけました。

“君子は選挙中だけ?”の続きを読む

あなたは「満足」してますか?

書名 「満足社会」をデザインする第3のモノサシ
著者 大橋照枝氏
出版社 ダイヤモンド社

日本という国は豊かになったとつくづく思う。1960年ごろだったか、家に初めてテレビが来た。そこで見たアメリカのホームドラマ。当時の日本とはかけ離れた彼らの豊かな消費生活があった。中流の上ぐらい家庭には家電製品はもちろん、2台の自家用車があった。当時の日本の庶民には自家用車など夢のまた夢。車1台が父親の年収ぐらいの値段ではなかったかと記憶する。ところがそれから10年もしないうちに、中古とはいえ初めて車を買った。それ以来わが家にはずっと車がある。その間にテレビはますます大きくきれいになり、家電製品はますます増え、コミュニケーションの手段はますます多様化している。そしてわれわれは、さらに豊かで快適な生活を目指している。

“あなたは「満足」してますか?”の続きを読む

人材バンクなどいらない

公務員改革の一環としての人材バンク。安倍晋三総理の肝いりとあって渡辺喜美行革 担当大臣も張り切りすぎたのかどうか、自民党内でも改革案をめぐってぎくしゃくし ているようだ。各省庁による押しつけ的斡旋をさせない代わりに、人材バンクで一元 的に職を紹介するのだという。野党は、現在の2年という待機期間もなくなって、む しろ天下りを合法化する「天下りバンク」だと批判する。官僚の天下りを目の敵にす るような論調にはやや違和感を感じるものの、この人材バンクがなぜ改革なのかがよ くわからない。

“人材バンクなどいらない”の続きを読む

プーチン、長期政権へ?

3月末、ロシアで上院議長に再選されたミロノフ氏が大胆な提案をしました。
現在4年の大統領任期を5年から7年にしようというのです。
しかも2期までという再選規定も3期までと延ばすのだそうです。

“プーチン、長期政権へ?”の続きを読む

ページトップへ