この期に及んで

まだ民主党の前原代表は「メールが偽物だとは思っていない」とか「巨悪を追及する姿勢に揺るぎはない」とか言っている。あのメールについては、偽物だと思うかどうかではなく、自分たちが本物であることを証明できるかどうかにかかっている。その証拠をまったく出せないでいるのだから、もういい加減にギブアップしないと、ますます傷が深くなる。そのことにどうして気がつかないのだろう。

たしかに、武部さんと堀江被告の周辺で何かお金が動いているという噂はある。しかし、まさか噂話だけで人の銀行口座を調べるわけにもいかないだろう。何度も言うが、「潔白だったら堂々と見せればいい。見せられないのはやましいところがあるからだ」というのはとんでもない「言いがかりの論理」である。

警察や検察は有罪である証拠を集めなければならない。被告人は無罪であることを証明するのではなく、検察の証拠に基づく論理が筋が通らないことを言えばいいのである。前原代表の言っていることは、無罪であることを証明できないなら、有罪であるという論理だ。

このような乱暴な議論がまかり通ったら、それこそ個人情報保護どころの騒ぎではない。あちこちで何の咎もない人々のプライバシーが暴かれることになってしまう。リベラルである民主党は、本来こういうことに対してセンシティブでなくてはならないはずである。こんなことを平気で言う政党は、あまりにもレベルが低すぎて、二大政党の一翼を担えるはずもないと思う。もはや民主党は「解体的出直し」ではなく、「解体」そのものが必要だ。

(Copyrights 2006 Masayoshi Fujita 無断転訳載を禁じます)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142250/8836790

前原氏は「政治家」ではなく「詭弁家」?

前原誠司という人物には、あきれてものが言えない。 今回のメール騒動に関して、代表である自分の判断と言動が原因となって、民主党が致命的な事態に陥っているにも拘らず、その深刻さが認識できておらず、「多くのみなさんにご迷惑をお掛けしたことを率直に謝りたい」と口では陳謝を表明するが、それはあくまで「口先だけ」のことで、自己の責任など一切考えていないようだ。 党執行部の責任論に関しては、「マスコミからしか�... [続きを読む]

ホリエメールは自作自演?

民主党は26日までに“送金指示メール”の送受信者がライブドア前社長の堀江貴文容疑者(33)ではなく、永田寿康衆院議員(36)に持ち込んだ「フリー記者」であることを突き止めた。このため鳩山由紀夫幹事長(59)ら党執行部は永田氏とともに27日にも会見、陳謝し..... [続きを読む]

それはないよ民主党

民主党の前原代表に対し、14日の党常任幹事会で、永田寿康衆院議員の進退をめぐる発言などこのところの言動をめぐって、批判や異論が噴出した。前原氏ら執行部は弁明に追われ、メール問題を機に求心力が低下する前原民主党の窮状を映し出す形になった。  「世論の風向き..... [続きを読む]

コメント

コメントを書く

ページトップへ