民主党も割れてみたら

この9・11総選挙は、自民党分裂選挙となって、野党民主党にとっては小選挙区で勝 てるチャンスが広がり、ひょっとすると政権を奪えるかもしれない選挙。もちろんそ れは民主党支持者が、今までどおり民主党を支持してくれれば、の話である。ただ民 主党が票を伸ばせるかどうかは、いわゆる「無党派層」をどれぐらい取り込めるかに かかっているのだから、それらの有権者にアピールできなければ、「千載一遇のチャ ンス」も「砂上の楼閣」にすぎなかったということになりかねない。

だから問題は、岡田民主党の存在感にかかっているのだが、残念ながら現在のままでは、民主党は政権奪取に至らないのではないかと見ている。その大きな理由は、郵政 民営化への取り組みの失敗だ。総選挙になってようやく民主党は、マニフェストで郵 政についての主張をいくらか展開した。それまでの国会では郵政問題について民主党 はとうとう対案が出せないままだったが、「対案がないと戦えない」という声が現場 から上がってきたからだ。

民主党執行部は、「ほかに大事なことがある」というキャッチコピーで郵政以外の争 点、すなわち年金や福祉などの問題にも焦点を当てようとしている。その認識そのも のは正しいと思う。しかし郵政問題に巻き込まれたくないという思惑があまりにも透 けて見えるために、「ほかに大事なことがある」とまったく正しいコピーも腰が引け ている印象につながってしまった。これでは有権者は納得しないだろう。郵政改革は 小泉首相の強い思い入れとはいえ、避けては通れない問題であることははっきりして いる。現状のまま放置しておいていいと考える(少なくともそう主張する)人は、ほ んのわずかしかいない。

それなのに、労働組合が後ろについているから郵政改革に民主党として案が出せない というのでは、自分たちこそ本当の改革政党であるという主張が説得力を失う。この コラムでも何度か書いてきたが、既得権益を守ろうとすれば、どうしても政策が守旧 的にならざるをえない。とりわけ職場を守るという姿勢が、結局は無駄な組織の改革 に反対することにつながると、これは国民的な理解を得られない。どうして労働組合 の幹部や民主党はそのことに気がつかないふりをするのか、そこがよくわからない。

社民党が土井たか子前党首の比例区順位を下げた。これで土井さんは事実上の引退と いうことになるのだろうか。言ってみれば、土井さんこそ労働組合政党の最後の政治 家だったと思う。「ダメなものはダメ」という有名な言葉は、かつは憲法や法律の改 悪にあくまでも抵抗する新鮮な響きを持っていたが、そこに「そうではなくてこっち」 という姿勢がなかったことが、やがては旧社会党の崩壊につながっていった。つまり 万年野党という形で自民党の長期支配に手を貸してきたことが、この言葉に集約され ていると言ってもいい。

民主党は、それと同じ轍を踏まないために、政権を担える野党をスローガンにし、そ れなりに支持を集めてきたのだが、郵政改革でミソをつけてしまった形になっている。 すなわち政権を担う政党であればあるほど、考えなければいけないのは国や社会全体 のこと。そこで支持母体である組織を説得できなければ、とても責任ある政党と言う ことはできまい。実際、自民党もこの郵政改革で責任ある政党であることを示すため に、法案に反対した議員を徹底的に排除しようとしている。つまり政治全体が従来の 右か左かというイデオロギー対立から抜け出そうとしているときに、民主党は乗り遅 れてしまったと思う。

これではこの選挙で民主党が「勝つチャンス」に恵まれる可能性はほとんどない。現 に、私の周辺で、これまで民主党に投票してきた無党派層と思われる人々で、今回は 「小泉自民党に入れる」と断言する人がほとんどだ。ここから見ても、民主党の存在 感が薄いことがわかるはずである。もう今回は間に合わないが、民主党が本当に二大 政党制を目指すならば、やはり党内をきちんと掃除してわかりやすい政策提言を行わ なければならないと思う。

この記事は私の週刊メルマガ"Observer"に掲載したものです。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142250/6271771

民主党の手痛いミス

 仕事柄、政治的なことはブログにできるだけ書かないようにしているが、今回のことは記録にとどめておきたい。総選挙のことだ。民主党は戦術ミスを犯した。全国紙、ブロッ... [続きを読む]

  • From: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記

コメント

コメントを書く

ページトップへ